学校概要p

学校概要m

新着情報

令和3(2021)年度入学試験の入学案内を配布しています

第二看護学科の募集停止について

  • 神奈川県立衛生看護専門学校では第二看護学科を設置し、准看護師から看護師への養成を行ってまいりましたが、 県内准看護師の減少等を背景に入学者が減少しており、今後も、更なる減少が見込まれております。
  • このため、第二看護学科は、令和2年4月の入学生を最後に募集を停止することになりましたのでお知らせします。

地域清掃活動に対する表彰について

  • 本校の地域清掃活動の取り組みについて、中区役所より表彰されました。(2020.3.18)

令和元年度 助産師・看護師国家試験合格率について

  • 助産師学科 :100%(23人中23人合格)
  • 第一看護学科:100%(86人中86人合格)
  • 第二看護学科:100%( 9人中 9人合格)
  • 詳細はこちらをご覧ください。

ご挨拶

教育指導監挨拶

本校は平成27年に創立50周年を迎えました。
昭和40年に神奈川県医師会准看護婦学校として開校して以来、学科の新設や校舎移転、運営形態の変更等を経ながら、現在まで9,000名を超える卒業生を輩出しています。当初は医師会立の学校でしたが、現在は県立となり、教務部門を神奈川県医師会が受託するという形態で運営しています。私は県医師会の看護学校担当理事で、本校においては教育指導監として教務部を統括しています。

看護教育は実習施設や患者様をはじめ、多くの方々のご協力の上に成り立っています。本校では、「誠実・努力」を学校訓に掲げ、学生一人ひとりが持つ力を最大限に発揮できるよう支援し、専門職としての知識、技術及び倫理観の修得はもちろんのこと、豊かな人間性を基盤とし、地域に貢献できる人材を育成することをめざしています。

今後とも本校の看護教育へのご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

教育指導監 川田剛裕

教育担当副校長挨拶

看護は人の生活に密着した行為であり、人が生きていく上で基本となるごくありふれた行為です。しかし、このありふれた行為が人の生きる励みになり、支えになり、喜びになり、安心になり、そして、生き方をも変えていくのです。いつまでも、どんな時でも、その人らしく生活できるように援助すること、それが「看護」なのです。そのためには専門的な看護の知識・技術・態度を身につけることが必要です。

本校では、講義で看護に必要な知識・技術を理解し、演習で適用し、これらをもとに実習で体験し、これまでの知識・技術・態度を統合し、深化し、検証していきます。演習や実習は少人数で行い、学びが深まるような指導体制をとっています。教員は教育理念でも謳っているように学生一人ひとりの持つ力が最大限に発揮できるように支援いたします。

専門職を目指す、意志あるみなさん、ぜひ本校で一緒に学びましょう。学生と教員が学び合い、お互いに成長していけたら最高です。 心よりお待ちしています。

教育担当副校長 照川眞木

理念・沿革

設立目的

神奈川県立衛生看護専門学校は、助産師学科・第一看護学科・第二看護学科の三科を有し、“誠実・努力”を学校訓として、保健師助産師看護師法にのっとり必要な知識及び技術を修得させ有能な専門職業人を社会に送り出すことを目的とします。

教育理念

本校は、生命に対する深い畏敬の念と豊かな人間性を基盤とし、地域の保健・医療・福祉の分野に貢献できる看護実践者を育成します。

また、学習者が看護専門職としての知識、技術及び倫理観を身につけ、個々人の持つ力を最大限に発揮できるよう支援することにより、将来にわたって看護の発展に寄与できる人材の育成をめざします。

職員倫理規程

  • よりよい学習環境を保証します
  • 学生を大切にし、ハラスメントのない学校を目指します
  • すべての学生に公平に接します
  • 自らの言動に責任を持ち、期待と信頼に応えます

学校評価報告書

沿革

昭和40年2月
神奈川県医師会准看護婦学校として設立
昭和40年4月
准看護婦養成所として神奈川県知事より指定を受ける。
昭和40年10月
神奈川県医師会看護婦助産婦学校を設立
昭和41年3月
助産婦養成所及び看護婦養成所として厚生大臣より指定を受ける。
2校を統合し、校名を神奈川県医師会衛生学院とする。
昭和43年7月
県有医師会運営となり神奈川県衛生学院と改称
昭和46年4月
看護婦学科第一科を設置(従来の看護婦学科を第二科とする)
昭和54年3月31日
助産婦養成所及び看護婦養成所として厚生大臣より指定を受ける。
准看護婦養成所として神奈川県知事より指定を受ける。
昭和54年4月
県立医師会運営となり、神奈川県衛生看護専門学校と改称
平成7年1月23日
第一看護学科及び第二看護学科について、修了者が専門士と称することができる専修学校の専門課程として文部大臣の告示を受ける。
平成11年4月
第二看護学科の教育課程を改正
平成14年3月
准看護学科の教育課程を改正
平成15年4月
第二看護学科を昼間定時制(修業年限3年)から全日制(修業年限2年)に変更
平成18年4月
県立県営となり、神奈川県立衛生看護専門学校と改称
平成18年9月
横浜市中区根岸町に校舎移転
平成21年4月
助産師学科及び第一看護学科の教育課程を改正
平成22年4月
第二看護学科の教育課程を改正
平成24年4月
助産師学科及び准看護学科の教育課程を改正
平成26年4月
第一看護学科の入学定員を80人から120人に増員
平成27年3月
准看護学科を閉科

教育課程

課程学科入学定員総定員修業年限
医療専門課程助産師学科40人40人1年
第一看護学科120人360人3年
第二看護学科40人80人2年

令和元年度助産師・看護師国家試験合格率

  • 助産師学科 (23人中23人合格)
  • 第一看護学科 (86人中86人合格)
  • 第二看護学科 (9人中9人合格)

神奈川県立衛生看護専門学校校歌


    3分29秒(4.78MB)

学校見学会

日程及び予約方法

    学校見学会はすべて終了しました。
    開催日時助産師学科第一看護学科
    7月27日(月)10時00分××
    16時00分×
    7月28日(火)10時00分××
    16時00分×
    7月29日(水)16時00分×
    7月31日(金)16時00分×
    8月1日(土)9時00分××
    10時30分××
    8月19日(水)16時00分××
    9月2日(水)16時00分×
    【備考】
    〇:空有、△:空少、×:満席、―:開催なし

  • 内容(予定)
     学科説明、入試説明、校内見学、質疑応答
    (予定所要時間:60分程度)

  • 参加対象者
     助産師学科:看護師免許保有または来年3月に取得見込みの方
     第一看護学科:高卒以上または来年3月に高校卒業見込みの方

  • 申込方法
     事前予約制。
     上記日程表のご希望の日時をクリックし、予約フォームよりご予約ください。

  • 注意事項
     各回定員10名(付き添いは1名まで)。
     多くの方にご参加いただけるよう、複数回への重複予約はご遠慮ください。
     予約キャンセルはお電話でのみ受け付けます。
     お車でのご来校はご遠慮ください。

  • 新型コロナウイルス感染症対策について
     来校の際はマスクの着用をお願いします。
     入場時の検温にて、体温が37.0℃未満であることを確認させていただきます。
     校内では、手指消毒等の感染予防対策にご協力をお願いします。
     感染拡大状況により、見学会の開催を中止させていただく場合があります。その際はホームページにてお知らせします。

  • お問い合わせ先
     総務部学事課 電話:045-625-6767

年間行事

  • 4月 入学式

  • 4月 消防訓練

  • 5月 ナーシングセレモニー

  • 7月 文化祭(特設ページへ)

  • 8月 学校説明会

  • 3月 卒業式

卒業生の方へ

交通案内